-->

種別・銘

刀 無銘 青江吉次(附)享保九年本阿弥光忠折紙

Katana Mumei Aoe Yoshitsugu Honami Kochu origami

鑑定書・資料 第十九回特別重要刀剣 [N.B.T.H.K]Tokubetsu Juyo Token No.19
寸法 長さ(blade length)70.0cm 反り(Sori)2.0cm
元幅(Motohaba)3.42cm 元重ね(Mtokasane)0.71cm 先幅(Sakihaba)2.54cm 先重ね(Sakikasane)0.58cm
※棟の高さを含めない協会の計測値 元幅3.25cm 先幅2.4cm
時代・国 古刀(鎌倉時代末期~南北朝時代初期) 備中
形状 鎬造、三つ棟、身幅広く、元先の幅差殆ど目立たず、重ねやや薄く、反り深くつき、中切先延びごころとなる。
鍛肌 小板目肌よくつみ、地沸微塵に厚くつき、所々地班状の肌合い交じり、淡く乱れ映り立つ。
刃文 中直刃を基調に処々浅くのたれをおび、小互の目の小丁子など交じり、小足、葉、逆足入り、匂口しまりごころに小沸つき、金筋・砂流し細かにかかり、匂口明るい。
帽子 直ぐ調に小丸ごころ。
彫物 表裏に棒樋と添樋を掻き流す。
大磨上、先刃上がり栗尻、鑢目切り。
説明

 備中国青江派は、鎌倉時代中期頃までを古青江、それ以降南北朝時代にかけてのものを青江と凡称あい大別しているが、後者のなかでも鎌倉時代末期から南北朝時代初期まで作と、南北朝時代最盛期のそれとは、作風の上でやや相違が見られる。

 この刀は、小板目がよくつみ、地沸が微塵に厚くついた鍛えに、淡く乱れ映りが立ち、刃文は中直刃を基調に処々浅く小さくのたれをおび、小互の目、小丁子等が交じり、小足・葉・逆足入り、匂口しまりごころに小沸がつき、金筋・砂流しが細かにかかり、匂口が明るいなど、鎌倉時代末期乃至南北朝時代初期の青江派の特徴を顕現しており、就中、吉次の作に、最も擬せられるものがある。小板目肌がよく練れてつみ、地沸が微塵に厚くついた精良な鍛えが一段と優れ、また大柄で肉置きがよく、手持ちの重い頑健な刀姿も賞玩される。吉次極めの中でも傑出した出来栄えであり、享保九年本阿弥光忠代参百五拾貫の折紙が附帯する。

 

刀剣・日本刀展示品一覧へ

日本刀販売の刀剣高吉 トップへ