-->

種別・銘

刀 無銘 吉岡一文字

Katana Mumei Yoshioka Ichimonji

鑑定書・資料 第三十一回重要刀剣指定 [N.B.T.H.K]Juyo Token No.31
田野辺先生鞘書
寸法 長さ(blade length)67.5cm 反り(Sori)1.5cm
元幅(Motohaba)3cm 元重ね(Mtokasane)0.7cm 先幅(Sakihaba)1.9cm 先重ね(Sakikasane)0.48cm
※棟の高さを含めない協会の計測値 元幅2.85cm 先幅1.8cm
時代・国 古刀(鎌倉時代末期) 備前
形状 鎬造、庵棟、反り浅く、中切先。
鍛肌 小板目肌に流れごころ交じり、地沸細かによくつき、地班入り、乱れ映り立つ。
刃文 互の目に丁子・尖り刃を交え、足・葉入り、処々逆がかり、上半は小模様に乱れ、総じて匂深く、小沸つく。
帽子 少しく乱れ、表丸く裏やや尖りごころに返る。
彫物 なし
大磨上、先切り、鑢目上半勝手下がりで下半大筋違。
説明

 吉岡一文字派は福岡一文字に続いて鎌倉末乃至南北朝期に栄えた。同派では助光、助吉、助茂、助秀、助義らが著名であるが、助光、助茂以外には丁子の華やかなものはなく、丁子に互の目の交じるもの、直調に丁子・互の目の交じるもの、直刃に足入るものなどが見られ、互の目や逆がかる刃が目立ちややこずむのが共通の見どころである。この刀はそれらの特徴をよく明示しており、吉岡一文字の所伝はよく、刃がよく冴えている。

 

刀剣・日本刀展示品一覧へ

日本刀販売の刀剣高吉 トップへ