-->

種別・銘

短刀 (天田)昭次作 平成六年仲秋日

Tanto Akitsugu(Amada) A.D.1994

鑑定書・資料 特別保存刀剣鑑定書 [N.B.T.H.K]Tokubetsu Hozon Token
共箱付
寸法 長さ(blade length)27.8cm 反り(Sori)0.0cm
元幅(Motohaba)2.8m 元重ね(Mtokasane)0.61cm
時代・国 現代 人間国宝 新潟
形状 平造、庵棟、身幅広く、重ね厚く、無反りとなる。
鍛肌 板目肌よくつみ、地沸微塵に厚くつき、地景入る。
刃文 焼幅高く、互の目に丁子交り、匂深く、足、葉入り、小沸よくついて、金筋、砂流しかかり、匂口明るく冴える。
帽子 先尖り深く返る。
彫物 なし。
うぶ、鑢目勝手下り、栗尻。
説明

 現代刀匠としての最高峰である重要無形文化財(人間国宝)の天田昭次刀匠の作品です。本名は天田誠一。昭和二年、新潟県、現在の新発田市に生まれます。若い時から実力を発揮し、古名刀の再現には自家製鉄しか道はないと決意し研究を開始します。大病を患い療養生活を送るも回復後は正宗賞などを多数受賞しました。平成九年に人間国宝認定されます。平成二十五年に死去。

 自家製鉄によって各伝法にあった鉄を得て、数々の名刀を残しています。本作はその作風から相伝備前写しで長義を狙ったと思われます。地刃ともに明るく冴えた名品です。共箱付。

 

 

刀剣・日本刀展示品一覧へ

日本刀販売の刀剣高吉 トップへ