-->

種別・銘

脇指 武蔵大掾藤原忠広(初代忠吉)

Wakizashi Musashidaijyo Fujiwara Tadahiro

鑑定書・資料 特別保存刀剣鑑定書 [N.B.T.H.K]Tokubetsu Hozon Token
寸法 長さ(blade length)42cm 反り(Sori)1cm
元幅(Motohaba)3.1cm 元重ね(Mtokasane)0.75cm
時代・国 新刀 最上作 最上大業物 肥前
形状 菖蒲造、庵棟、身幅広く、重ね厚く、反り頃合いにつき、フクラつく。
鍛肌 小板目肌よくつんで、地沸微塵に厚くつき、小糠肌となり、地景細かに入る。
刃文 直刃調に浅くのたれが交じり、腰元付近少し乱れ、匂深く、小沸厚くつき、明るく冴える。
帽子 直ぐに小丸、先掃きかけて返る。
彫物 なし。
うぶ、鑢目切、先入山形。
説明

 武蔵大掾忠広は初代忠吉同人で橋本新左衛門と称しました。肥前鍋島藩の藩工で、慶長元年には藩命で京の埋忠明寿に入門し技を学びました。同三年帰国し佐賀城下に住み作刀しました。その後、藩の庇護もあり一門大いに栄えます。元和十年に再び上洛。武蔵大掾を受領。忠吉から忠広に改め、姓も源から藤原へ替えています。寛永九年に六十一歳で没しました。

 

刀剣・日本刀展示品一覧へ

日本刀販売の刀剣高吉 トップへ